【1-2】「Hello World」の出力まで3ステップ

出力までの3ステップ

ステップ1:MAMPを起動

PHPを動かすときは、サーバーを起動しておく必要があります。

MAMP/XAMPPを起動して「start」を押して「stop」が緑色になっていることを確認してください。

ステップ2:htdocsの中にファイルを作成

PHPのファイルはhtdocsというフォルダの中に置く必要があります。

Finderを開いて、
「アプリケーション」→「MAMP」→「htdocs」フォルダに「sample1」というフォルダを作成してください。「sample1」フォルダをVSCodeで開きます。

「sample1」フォルダの中に「index.php」というファイルを作成して、次のように記述して保存します。

<?php
    echo 'Hello World';
?>

ステップ3:ブラウザでアクセス

アクセスしたい「index.php」がある場所をURLに記述します。

PHPでは「htdocs」の配下に保存したものを表示することができます。

「index.php」にURLでアクセスするには、
「htdocs」の直下にある「sample1」フォルダの中にある「index.php」というたどり方をします。

よって、アクセスするURLはこちらです。

最初の「http://localhost/」は固定です。

URLの中に「htdocs」は含めなくて大丈夫です。

文法の解説。ポイントは2つ!

このコードの書き方について、4つのポイントを解説します。

<?php
    echo 'Hello World';
?>

ポイント1:<?php ?>

PHPの文法は必ず、

<?php ?>

というもので囲む必要があります。

これで囲われたものはPHPの文法だよ〜

という印になります。

これを書くおすすめな方法は、

  1. 小文字のカッコを先に2つ書く:<>
  2. <>の中に「?」を2つ書く:<??>
  3. <??>の中に「php」と書く:<?php?>
  4. そのまますぐに2回エンター
  5. 一段上に上がって、タブキー

すると、この形になります。

<?php

?>

ポイント2:echo

「画面に何かを表示させるとき」echoを使用します。

表示させたいものが、
「Hello World」というように文字列の場合は「シングルクォート」をつけます。

echo 'Hello World';

「123」というように数値の場合は何もつけなくて大丈夫です。

echo 123;

最後のセミコロン「;」は必ずつけるものになるので忘れないでください。

まとめ

  • MAMP起動→「htdocs」の中にファイル作成→ブラウザでアクセス(http://localhost…)
  • PHPは、<?php ?> で囲む必要がある
  • 文字列→ダブルクォート必要
  • 数値→ダブルクォート無し
created by Rinker
¥2,970 (2024/04/12 13:12:43時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA